高齢者の快適な生活のために!リフォームで工夫をしよう

使いやすさを考えよう!

年を取ると「高いところに手が届きにくい」「低い位置の物が取りにくい」と言う人がいますよね。居室や寝室で生活するときに、ちょうどいい高さに、普段よく使うものがあると便利ですね。コンセントやスイッチの高さは使いやすいでしょうか?また、位置は適切ですか?コンセントの位置と器具の位置が合っていないと使いにくいものですよね。タコ足配線になると、コードが足に引っ掛かり、転倒の原因にもなりますから、注意が必要ですよ。

リフォームをするときに検討したいこと

介護を受けるようになると、電源が必要な機器を使いますよね。電動ベッドや暖房器具、加湿器などですね。医療が必要な人は、医療機器の電源もベッドの近くにあると便利ですよ。リフォームをするときには、コンセントやスイッチの位置や高さも検討するといいでしょう。また収納について、押し入れの棚の高さなどは使いやすいでしょうか?高過ぎても、低過ぎても、奥行きがあり過ぎても使いづらいものですよね。押し入れの中段の高さを少し低めにしておくと、物を持ち上げて収納するときの負担が少なくて済みますよ。

照明器具や押し入れについて考えよう!

照明器具は、どのようなものを使っているでしょうか?天井の照明は、自然色に近い優しい明かりで部屋全体を照らすものがいいでしょう。寝ていることが多いのなら、リモコンなどで調光のできる照明器具が便利ですよ。また、手元を照らすライトや足元を照らすフットライトなどがあると、夜起きたときに困りませんよね。停電灯をかねているものなら、より安心ですね。また、奥行きがある押し入れには、手前に物を寄せるなど、手の届く位置に収納できるように工夫しておくと、後々ラクですよ。

水回りのリフォームを立川でする方法は業者の内容を確かめ、かかる費用や内容を確認し今後の生活を快適に過ごせるように最適な方法を選ぶことが大事です。