あまり知られていない新築住宅のメリットとは何?

新築住宅と中古住宅の違い

多くの人が憧れている一戸建て住宅ですが、新築住宅を希望する人は実に8割と言われていますね。新築住宅の魅力とは何と言っても住宅が新しいことです。まだ誰も住んだことのない家や木の香りが残る家というのは新築住宅でしか味わえないたまらない感覚ですね。これに対して、最近注目を浴びているのが中古住宅です。中古住宅と言っても様々な住宅がありますが、中古住宅の中には築浅住宅と言われている家も存在します。築10年目までの住宅を築浅住宅と呼びます。

中古住宅の魅力とは?

中古住宅の良いところは、価格の安さにあります。築20年が経過した住宅の多くは、価格と言ってもほぼ土地代だけしか評価されず、建物の価値はないと判断されています。だからといって、壊れやすいとか、地震が来た時に危険ということは無く単に古くなったからという理由で価値がないと判断されるのです。この価値があるかどうかは、その人気があるかどうかで決まります。つまり、古い住宅を望んでいる人が多ければ価値がないとされるのです。

機構からローンを借りる時は新築が有利!

このように考えると、やはり人気のある新築住宅は価値があるということになりますね。新築住宅の魅力は単に見た目の新しさだけではなく、ローンを組む場合にも有利になります。最近非正規雇用が増えており、金融機関からお金を借りるタイプのローンだけではなく、審査がやや緩い機構から借りるローンもあります。機構から借りるローンは金融機関から借りるローンより金利が高いのですが、新築住宅であれば、中古住宅に比べて確実に安く借りることも可能なのですよ。そういったメリットも新築住宅にはあるのです。

草加市で新築一戸建てを建てるなら、何にこだわりたいのか最初に整理することが大切です。自分たち家族なりのこだわりを考えることで、より住みやすい家作りにつながります。