ご近所さんとうまくやろう!楽しく賃貸に住む方法

挨拶をしておくと、騒音が気にならない?

賃貸マンションやアパートに住む場合、気になるのが住民です。学生さんが隣に住んでいて、夜遅くまで騒いでいたり、迷惑行為をする住民がいたりで、住んでいるのが苦痛になることもあります。たくさんの人がいるので、すべて思い通りに行くということはありませんが、それでもうまくやる方法はあります。それはなんと言っても、挨拶をしておくことです。引っ越してきた時にまず挨拶をしに行き、どんな人が住んでいるか確認するのが大事です。

顔見知りになると遠慮が生まれる日本人

まったく知らない者同士だと、傍若無人な振る舞いをする人も多いですが、顔見知りになるととたんに遠慮が生まれ、慎み深くなるのが日本人の特徴だと言われています。マンションなどでも、となりに誰が住んでいるか分からないと大騒ぎしたり迷惑行為をしてしまいますが、顔見知りになると遠慮するようになります。これをうまく使って、近所の人と顔見知りになっておくのがおすすめです。また逆に、相手の顔を知っていると少々の騒音でも気にならなくなります。

それでも気を遣って暮らすのが大事です

顔見知りになると少しは慎み深くなるのが日本人のいいところなのですが、それでもマナーを守って暮らしたいものです。たとえば朝早くや夜遅くには洗濯機や掃除気を遣わない、タバコはベランダで吸わない、人を呼んでも騒がない、などです。壁が薄い賃貸なら、隣の部屋に面している壁にはテレビを置かない、などの気配りも必要でしょう。それでも生活音が出てしまうことはありますので、外で住民と会った時に「ご迷惑になっていないですか?」などと世間話のついでに気配りをしましょう。

賃貸物件を探すことで、契約書の署名の仕方や判子の押し方や間取りや駐車場やベランダや築年数や不動産会社について詳しくなることが出来ます。