注文住宅を作るうえで失敗のの無い設計方法

ライフプランに合わせた間取り造り

一度立てたら一生住むことになるマイホームは失敗のない間取りにしたいですよね。ついつい目先の事だけを考えて、多めのお部屋を確保してしまいがちですが、老後は夫婦二人だけになることをしっかりと考えて間取りを決定することが必要です。お勧めの方法としては、子供部屋として二つ部屋を確保した場合は、後々子供たちが独立したときに、二つの部屋を一つに改造できるように設計しておけば、老後も暮らしやすいお部屋にすることができます。

生活動線にあった家つくり

家を建てるには、誰がどのように暮らすのかをじっくりと想像して建てると失敗しないものです。朝起きて何をするのか、食事を作ってどこで食べるのか、お風呂に行くにはどこを通るのかなど、いろいろ考えてレイアウトを考えると失敗しません。たとえば、玄関から子供部屋までのルートにリビングを必ず経由するように設計すると、こどもは必ずリビングを経由するので、こどもとのコミュニケーションも毎日必ず取れるようになります。

コンセントやスイッチの配置も要注意

コンセントは多すぎてもみっともないし、足りなくても困るものです。特に考えなくてはならないのは、掃除をするときの掃除機の電源の確保です。掃除をするときにどのコンセントで掃除機を動かすのかを考えておくと、最適な数のコンセントがつけられます。また、スイッチ類も適当に配置してしまうとどのスイッチがどの明かりなのかわからなくなってしまいますよね。たとえばガレージの明かりのスイッチなど、玄関でつけられるようにしてガレージで消せるように三路のスイッチにしておくと便利です。

注文住宅であれば設計から施工まで細かい要望にも応えて貰えるので理想の住まいを建てることが可能になっています。